インクジェットプリンターは、用紙とインクをセットして使うパソコン周辺機器です。USBケーブルでどういった形のパソコンとも連動させられます。付属のCDをデスクトップPCにセットすれば、プリントアウトに便利な専用ツールがインストール出来ます。またドライバのインストールも出来ますので、初めてインクジェットプリンターを連動させる際は、それを済ませましょう。CDドライブを持たないタブレットやノートパソコンやスティックタイプPCでもインクジェットプリンターは普通に使えます。今ではメーカー側もそういったパソコンが登場している事を把握しています。ドライブや必須ツールを、公式サイトで配信していますので、CDを入れるドライブが無くても、ネット環境さえあれば、インクジェットプリンターのスタートアップは簡単に済みます。

インクジェットプリンターは多くの利用者に愛用されています

インクジェットプリンターは既に大衆的なパソコン周辺機器になっており、大手の家電量販店に行けば必ず販売コーナーが見つけられます。製品の種類も豊富です。国内メーカーの製品もあれば、海外のメーカーが製造したインクジェットプリンターも市場には並んでいます。基本的に今現在、市場に供給されている製品であれば、どのモデルをチョイスしても、失敗する事はありません。ただ素朴な疑問として、国内製品と海外製品のどちらが良いか、悩んでしまっている方々も多いかもしれません。とりあえずインクジェットプリンターを自宅やオフィスに導入して使用感を確かめてみたいなら、何を選んでもOKですが、後々使い続けたいなら、サポートの面で安心な国内メーカーの製品がオススメです。国内メーカーはサポート体制がしっかりとしていますし、初期不良やトラブルに遭遇した時も手厚い電話サポートが受けられます。

ビジネスモデルの転換による、プリンター値段の値下げ

インクジェットプリンターの値段がここ数年でどんどん安くなって来ました。急にリーズナブルな価格帯に落ち着いてきたため、なぜ一体急激に安価になったのか、疑問に思う人々もいるかもしれません。その理由として指摘されるのが、インクジェットプリンターを製造する企業のビジネスモデルの転換です。今までは主にプリンター本体で儲けていたビジネスモデルから転換し、最近の主要メーカーは、本体ではなくインク代や用紙代で利潤を出す仕組みに乗り換えています。そのため、新規ユーザーを獲得するためにと、あえてインクジェットプリンター本体は格安の水準に下げ、一方でランニングコストでの売上を上げるため、取り替えインクの高級化を進めています。大手メーカーの一流品が、リーズナブルなプライスで買えるようになったため、初心者でも年賀状のシーズンを機会にして、気軽にインクジェットプリンターが購入可能になりました。値段が不思議と安い疑問ですが、決してメーカーがプリンターの品質を下げ始めているわけではありません。