皆さんは印刷の際に、主に2つの方式があるのをご存知でしょうか。それは、インクジェットとレーザーです。インクジェットは、インクを直接用紙に吹きつけて印刷を行います。この方法の長所は、直接インクを用紙に噴きつけるため色の再現性が高いということです。吹きつける方法はインクに圧力や熱を与えて微粒子に変える方法などがあります。一方デメリットは、普通用紙など専用の用紙ではない紙に、カラー写真など大量のインクを吹き付ける必要の有る印刷を行うと、色が滲んでしまいきれいに印刷ができないという点です。また、多くの家庭で利用されているプリンターはインクジェット方式を採用しています。そして、普通用紙を用いるとインクがにじみますが、用紙選びと印刷設定に寄って超高画質のプリントも可能です。

他の方法と比べたインクジェットの特徴

印刷の方法として、インクジェットの他にはレーザーがあります。これは、感光体と呼ばれる筒にレーザーを使って印刷物の画像を書き、トナーと呼ばれるインクを付着させて印刷を行う方法です。ここで、感光体とは用紙にトナーを転写させる筒のことです。具体的な印刷の流れとしては、コンピュータから受け取ったデータをページ単位で画像に組み立て、これに従って感光体にレーザーを照射します。その後トナーを付着させ熱してトナーを溶かし、紙に押し付けて印刷を行う、という手順です。この方法でインクジェットより優れているのは、インクジェットに比べて色がにじまず、印刷速度が速いことです。大量印刷の際はイよりもコストが早くなるという点です。一方、インクジェットの方が優れているのは色の再現性や、本体価格のやすさ、消費電力の少なさです。

インクジェットはどのようなケースに有効?

以上からわかるように、インクジェットとレーザーには長所・短所があることがわかりました。ではそこから、どのような場合にインクジェット方式の印刷を用いるのが良いかまとめます。既に多くの家庭がインクジェットプリンターを用いているように、一般家庭ではインクジェット方式の印刷を行うほうが優れているといえます。なぜなら、この方法の強みは色の再現度、本体コストの安さであるためです。一方短所は、大量印刷の際にはコストがかさむことですが、一般家庭では大量印刷を行う場合は少なく、それよりも写真などの高画素でカラフルな印刷物を少量行う機会が多いため、一般家庭にはインクジェットがおすすめです。したがって、企業など文書を大量に印刷する機会がある場合には、レーザープリントが有効です。場合に合わせて、インクジェット方式を効率よく使いたいですね!