インクジェットプリンターは、本体価格が安価で単純な構造をしているため、多くの家庭内の専用プリンターとして幅広く使用されています。その構造は微滴化されたインクを紙などの媒体に直接的に吹き付ける構造をしており、多色の印刷も容易で適しているメリットもあります。開発された初期の頃は、インクジェットプリンターは印刷時の音が大きい点がありましたが、最近では音を静かにして印刷できるタイプも開発されています。最も大きなメリットとしては、イメージスキャナやファクシミリ機能といった多機能型のプリンターとしても使えることで、家庭内でも導入しやすい点です。また印刷速度自体も早いタイプも登場するなど、インクジェットのデメリット面が徐々に解消され、使いやすくなっている点も魅力となっています。

インクジェットプリンターのポイントであるインク

インクジェットプリンターで使用されるインクは、ほとんどが水性タイプのインクとなっています。カラー印刷を行う場合には黒・シアン・イエロー・マゼンタのそれぞれを混ぜ合わすことで色を表現する減色法を採用している特徴があります。またインクのタイプには、大きく分けて染料系インクと顔料系インクの二つに大別され、それぞれには長所や短所も存在します。ただ初期の頃から染料系インクが普及しており、現在でも改良を加えながら幅広く普及しているタイプとなります。また黒のみを顔料系のインクを用い、他は染料系インクを活用するタイプも登場しています。なおプロの写真家が自分の撮影した写真に愛用されることが多いのは顔料系インクであり、色合いの調整がしやすいことで自分の思い通りに作品を仕上げられるのを理由としています。

インクジェットプリンター専用のプリンター用紙

インクジェットプリンターの課題は、紙に直接的にインクを吹き付ける構造を持っているため、吹き付けによってにじみが生じやすい点です。またにじむだけでなく、それが裏面にもインクが付く現象が起きることもあり、それを解消するため、インクの性能を向上させたりしていますが、その対応には専門の用紙が開発されています。専門の用紙のタイプには、コート紙と光沢紙の二つのタイプが存在します。コート紙は普通の紙にコート層を形成し、それによってにじみを抑えたタイプの用紙です。光沢紙は主に写真印刷などに使われる用紙ですが、コート紙と同じ様に層を形成されていますが、印字される部分が光沢を持たせているタイプの用紙です。スーパーや家電量販店などの店舗で販売されているインクジェット用紙は、主にこの二つのタイプの用紙に分けられコート紙より光沢紙の方が割高ですが、どちらも入手しやすくなっています。

プリンターを使おうと思ったらインクがかすれる…そんな時はこまもの本舗のクリーニングカートリッジ!お値段お安く経済的です! 書類や封筒などのビジネス用途にピッタリ、EPSON互換インク「顔料タイプ」セール中!滲みにくく色褪せにくい、オフィスにぴったりのインクです 激安プリンターインクカートリッジ・トナーから筆記用具や文具などちょっと便利なこんまいものを集めました!ウェブ販売サイトこまもの本舗 インクジェットは当社へお任せ下さい